FC2ブログ

 

ボランティア活動の様子などを障害当事者*あい*がお届けします★
 

 

 
          一人の手

 訳詞:本田路津子/作曲:ピートシーガー

一、ひとりの小さな手 何もできないけど
  それでも みんなの手と手をあわせれば
  何かできる 何かできる

          二、ひとりの小さな目  何も見えないけど
            それでも  みんなの瞳でみつめれば
            何か見える  何か見える

三、ひとりの小さな声  何も言えないけど
  それでも  みんなの声が集まれば
  何か言える  何か言える

          四、ひとりで歩く道  遠くてつらいけど
            それでも  みんなのあしぶみ響かせば
            楽しくなる  長い道も

五、ひとりの人間は  とても弱いけど
  それでも  みんなが集まれば
  強くなれる  強くなれる

この曲は私が初々しい高校生だったころよく歌った(今も・・・)歌です。
いかにも理想に燃えた若者らしい歌だと思いませんか?
ボランティアグループをたちあげた人達もきっとこの歌が好きで
グループ名を『手と手』と名づけたんだろうなぁと思っています。

やなだ

スポンサーサイト



 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 手と手ブログ, all rights reserved.

NPO法人手と手

Author:NPO法人手と手
札幌で活動をしている団体「NPO法人手と手」です。私たちは誰もが参加できる社会の実現をめざし、障がいをお持ちの方への外出支援活動を幅広く行っています。さっぽろ雪まつりの期間中は毎年、6丁目会場に「福祉ボランティアハウス」を設け、介助ボランティア派遣や車いす貸出などをしています。

イベント (57)
雪まつり (34)
お知らせ/ごあいさつ (59)
日常/ひとりごと (72)
パーリッシュ (24)
その他 (71)
未分類 (299)