FC2ブログ

 

ボランティア活動の様子などを障害当事者*あい*がお届けします★
 

 

 
旅行が終わり、楽しさと引き換えにやってきた疲れも徐々に和らいできました
それだけ活発に動いたということですね。
みんなはもう復活したかなー?

現地からのブログを見ていただきまして、またコメントもいただきまして
ありがとうございます
書いてる方としては、とても励みになり、嬉しい限りです

旅行をを振り返り・・・

DSCF0867_convert_20100527231408.jpg

フェリーの中はこんな感じで集まり、飲み明かしました
今回の参加で未成年は一人だけ。
彼はえらいです、この酒盛りには参加せず、明日に備えて早めに就寝しました。
それに比べて「朝日を見るまで寝ないぞー!」と延々と飲んでいた人たちも。
こういうだらだらした過ごし方ができるのも、フェリーの醍醐味ですね。

DSCF0951_convert_20100529233111.jpg

フェリーの部屋。
2等は大部屋で、1等から個室となります。
私には車椅子で動くには十分な広さ。
机や洗面台も足が入るようになっているので、使いやすいです。

DSCF0919_convert_20100527231120.jpg

大阪観光
私と一緒に動いてくれたのは、
大阪在住のMさん、それから手と手スタッフのともちゃんと、さとしくんです。

この日は公共交通機関を利用して、移動しました。

やはり大都市、大阪。
札幌とちがって、乗り物の種類や路線が非常に豊富です。
地下鉄、JR、私鉄と、、切符売り場の路線表を見上げてしばし固まってしまいました

「福祉」で切符を買う場合も、料金がバラバラなんです。

たとえば、障がい者1人につき介助者1人割引だったり
2人まで割引OKだったり
割引率も半額だったり3割引だったり...
路線によって異なりました。

そして、切符を購入するとき。
券売機の「福祉」ボタンを押すと、なんと横の壁がパカッと開いて
駅員さんが顔を出すのです!
びっくり。
それで、切符の料金や買い方を教えてくれました。

ただ早口の関西弁が正直、何言ってるのかわからず
何度も聞き返してしまいました。

乗り換えもけっこう複雑で、
エレベーターに乗るのに一度屋外に出ないといけなかったり
ホームに辿り着くまでに彷徨いました

そういえば、東京に行ったときも同じく複雑でしたが
東京は駅員さんがすべて案内して連れて行ってくれました。
JRから地下鉄に乗る場合のように会社が違っても案内してくれたので
とても便利でした~。

札幌だって、そうなると便利ですね。

大阪でも車椅子ユーザーをたくさん見ました。

狭い店にも入って、おいしいものを食べ
店員さんは気さくに手伝ってくれました。
私の方が「ここ入れるかな!?」と思う所でも、どうぞどうぞ~と案内してくれました。
商人の町ですね。

楽しくもあり、勉強にもなった大阪旅行でした

*あい*
スポンサーサイト



 

 

 

Comment

 

>券売機の「福祉」ボタンを押すと
あはは 大阪らしいですね~ なんでっか?~みたいなノリで対応してくれるのでしょうねぇ(笑)

駅のエレベーターは経営母体の違いとかなにやらでかなり複雑になっているようです。

数年前の単独?大阪旅行の時に印象に残っているのが「千里阪急ホテル」の対応の良さでした。
伊丹空港行きのモノレールの駅まで車いすを押して下さって大変助かりました。それなりな距離があったんですけれど、ポーターさんが対応してくれました。

あと、伊丹空港行きのモノレールは福祉割引の対応は車いす単独でも介護者一人がいても大人一人料金と言われました。
理由は、ちゃんと無事に伊丹空港まで届けてあげる事に対する金額だからだそうです^^;
どのような形でも伊丹空港までたどり着けばモノレールのサービスは完結するので思わず納得(笑)

やっぱ、商人の待ちでんがなぁ~^^

NAME:Yam | 2010.05.30(日) 01:43 | URL | [Edit]

 

<Yamさん>
駅まで車椅子を押してくれるサービスは助かりますね。
福祉割引の違い、それぞれに理由があるのでしょうね。
1周だけど半額だったり、2周乗れるけど3割引だとか、いろいろで。
札幌では気づかないことでした。
道行く大阪人の方、手伝いましょか?ってみんな気軽に声かけてくれました。
自転車にはちょっと怯えたけど、温かい街です(^-^)

NAME:あい | 2010.05.30(日) 02:35 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 手と手ブログ, all rights reserved.

NPO法人手と手

Author:NPO法人手と手
札幌で活動をしている団体「NPO法人手と手」です。私たちは誰もが参加できる社会の実現をめざし、障がいをお持ちの方への外出支援活動を幅広く行っています。さっぽろ雪まつりの期間中は毎年、6丁目会場に「福祉ボランティアハウス」を設け、介助ボランティア派遣や車いす貸出などをしています。

イベント (57)
雪まつり (34)
お知らせ/ごあいさつ (59)
日常/ひとりごと (72)
パーリッシュ (24)
その他 (71)
未分類 (299)